講習会日程(西日本)

西日本業務局主催の講習会一覧です。

2017年7月開催

2017年7月14日 九州(沖縄会場)地区実務講座
課題 【第Ⅰ部】沖縄県における公益・一般法人の監督と指導状況/【第Ⅱ部】基礎から分かる「区分経理と配賦計算」の実務
内容細目 【第Ⅰ部】
1 県による監督の考え方について
2 立入検査の現状とよくある報告徴収・改善指導の事例
3 変更認定・変更認可申請等の動向と手続上の留意点
【第Ⅱ部】
1 収益・費用と資産・負債の処理
2 共通収益・費用と共用資産・負債の処理
3 会計区分間取引と他会計振替の処理
4 財務諸表の内訳表の表示と事例演習問題
日時 2017年7月14日(金)
【第Ⅰ部】13:00〜13:50(質疑応答含む。)
【第Ⅱ部】14:00〜17:00(個別相談含む。)
会場 サザンプラザ海邦(4階 琉球の間)
那覇市旭町7
講師 【第Ⅰ部】沖縄県総務部総務私学課 主幹 伊藤隆和 氏/【第Ⅱ部】公認会計士・税理士 友利健太 氏
受講料 会員:2名様まで無料 非会員:1名につき12,000円(税込)
申込先 西日本業務局 電話:092(473)7388 FAX:092(473)7406
申込方法 事務局まで御法人名、氏名を明記の上FAXにてお申込み下さい。

2017年7月19日 西日本地区定例講座
課題 〜税務調査をどう乗り切るか〜公益・一般法人が税務当局と対峙する際の留意事項
内容細目 1 税務調査の仕組みと最新動向
2 非収益事業にもかかわらず税務調査を受ける理由
3 事業費・管理費における共通費用の配賦と法人税との相違点
4 源泉所得税・消費税の調査で否認されやすい事項
5 税務調査で追徴課税された場合の付帯税
日時 2017年7月19日(水)13:30〜16:30(個別相談含む。)
会場 福岡朝日ビル(地下1階 第13、14号会議室)
福岡市博多区博多駅前2-1-1(JR博多駅前)
講師 税理士 米満まり 氏
受講料 会員:2名様まで無料 準会員:1名様につき10,000円(税込) 非会員:1名様につき25,000円(税込)
申込先 西日本業務局 電話:092(473)7388 FAX:092(473)7406
申込方法 事務局まで御法人名、氏名を明記の上FAXにてお申込み下さい。

2017年8月開催

2017年8月4日 九州(長崎会場)地区実務講座
課題 配賦基準の実践的考え方と会計間取引ー区分経理と配賦基準ー
内容細目 1 平成20年会計基準が求める会計区分
2 正味財産増減計算書の区分経理
3 貸借対照表の区分経理
4 単一会計法人の会計処理
日時 2017年8月4日(金)13:30〜16:30(個別相談含む。)
会場 長崎市市民生活プラザ(5階 C会議室)
長崎市築町3-18
講師 税理士 住田吉盛 氏
受講料 会員:2名様まで無料 非会員:1名につき12,000円(税込)
申込先 西日本業務局 電話:092(473)7388 FAX:092(473)7406
申込方法 事務局まで御法人名、氏名を明記の上FAXにてお申込み下さい。

2017年8月24日 西日本地区特別講習会
課題 公益法人・一般法人のためのわかりやすい会計入門講座(日商簿記3級程度を目指す方対象)
内容細目 1 簿記の基本的なルール
 ⑴ 簿記の歴史
 ⑵ 導入
 ⑶ 簿記とは
 ⑷ 複式簿記とは
2 財務諸表と記帳との関係
 ⑴ 資産、負債、正味財産、収益、費用の分類
 ⑵ 財務諸表の種類
 ⑶ 貸借対照表とは
 ⑷ 正味財産増減計算書とは
 ⑸ 貸借対照表と損益計算書(正味財産増減計算書)とのつながり
 ⑹ 記帳のルール
3 公益法人会計と企業会計の相違
 ⑴ 「公益法人」とは
 ⑵ 公益法人会計の目的
 ⑶ 公益法人会計基準について
4 日々の取引と会計処理
 ⑴ 貸借対照表(資産、負債、正味財産)に関する取引
 ⑵ 正味財産増減計算書(収益、費用)に関する取引
 ⑶ 消費税に関する会計処理
5 決算時における会計処理
 ⑴ 決算とは
 ⑵ 個別の決算手続き
 ⑶ 財務諸表の作成
6 会計区分間の取引と内訳表の作成
 ⑴ 20年基準が要求する会計区分
 ⑵ 資産、負債、収益、費用の帰属
 ⑶ 会計区分間取引の会計処理
日時 2017年8月24日(木)13:00〜17:00(個別相談含む)
会場 福岡朝日ビル(地下1階 第13、14号室)
福岡市博多区博多駅前2-1-1(JR博多駅前)
講師 公認会計士・税理士 寺崎晋介 氏
受講料 会員:1名につき 13,000円(税込) 非会員:1名につき 27,000円(税込)
申込先 西日本業務局 電話:092(473)7388 FAX:092(473)7406
申込方法 Web申込またはFAXにて。FAXでのお申込みをご希望の場合は、弊会(092-473-7406)までご一報下さい。折り返し、受講申込書をFAX致します。


  1. 本部(東京) >
  2. 関西 >
  3. 西日本 >
  4. 北海道 >
  5. 東北 >
  6. 中部 >
  7. 中国四国

↑ PAGE TOP