一般財団法人公益財団法人の評議員会Q&A/熊谷則一著

これからの評議員会運営について、具体的な状況を想定して書かれた実務書。新制度の評議員会を乗り切るノウハウをQ&A形式で解説。財団法人役職員必携の一冊。

▶会員注文ページへ  ▶非会員注文ページへ  ▶目次参照

■内容見本の見方
◉ページ画像は自動でページ送りされます。
◉手動で移動する場合は、マウスのポインタを画像内に移動すると表示される矢印または画像下の●をクリックしてください。

主要目次
第Ⅰ章 評議員会の事務日程の作成
 Ⅰ-1 事務日程の概要
 Ⅰ-2 定時評議員会と臨時評議員会
 Ⅰ-3 定時評議員会の開催日
 Ⅰ-4 決算書類の作成・承認
 Ⅰ-5 会計監査人設置一般財団法人の監査
 Ⅰ-6 会計監査人が設置されていない一般財団法人の監査
 Ⅰ-7 評議員会招集のための理事会
 Ⅰ-8 理事会決議の省略
 Ⅰ-9 評議員会事務日程の具体例
 Ⅰ-10 評議員会の省略
第Ⅱ章 評議員会の招集
 Ⅱ-1 招集通知の作成者
 Ⅱ-2 招集通知の内容
 Ⅱ-3 招集通知の添付書類
 Ⅱ-4 招集通知の具体例
 Ⅱ-5 招集通知の発送
 Ⅱ-6 評議員会を欠席する場合の議決権行使
 Ⅱ-7 電磁的方法による招集通知
 Ⅱ-8 評議員による評議員会の招集
第Ⅲ章 議案の作成
 Ⅲ-1 会議の目的
 Ⅲ-2 評議員会の議題
Ⅲ-3 事業報告
 Ⅲ-4 計算書類
 Ⅲ-5 理事・監事選任の件
 Ⅲ-6 会計監査人選任の件
 Ⅲ-7 理事・監事の報酬等
 Ⅲ-8 事業譲渡
 Ⅲ-9 定款変更
 Ⅲ-10 事業計画・収支予算
 Ⅲ-11 理事増員のための定款変更議案と理事選任議案
 Ⅲ-12 任期満了により退任する理事を監事に選任する場合
 Ⅲ-13 特別決議事項がある場合の通知の要否
 Ⅲ-14 役員の責任免除の議案
 Ⅲ-15 評議員の解任
第Ⅳ章 招集に関する緊急事態
 Ⅳ-1 招集権者に事故がある場合の招集権者
 Ⅳ-2 理事の辞任により欠員が生じた場合の評議員会の招集
 Ⅳ-3 理事の死亡により欠員が生じた場合の臨時評議員会の招集
 Ⅳ-4 招集通知の誤字・脱字
 Ⅳ-5 招集通知発送後の議案の追加・撤回
 Ⅳ-6 招集通知発送後に理事候補者が死亡した場合の措置
 Ⅳ-7 監事の死亡
 Ⅳ-8 理事会決議の瑕疵と評議員会招集手続
第Ⅴ章 評議員提案権
 Ⅴ-1 評議員提案権
 Ⅴ-2 評議員提案権に対する対応
 Ⅴ-3 議題提案権に対するチェックポイント
 Ⅴ-4 評議員会日時を知る方法
 Ⅴ-5 定員の上限を超える理事選任議案の提案
 Ⅴ-6 理事側の提案と同時になされる理事選任議案
 Ⅴ-7 役員解任議案
 Ⅴ-8 評議員提案権に対応しなかった場合の責任
 Ⅴ-9 評議員提案権が行使された場合の招集通知の具体例
 Ⅴ-10 評議員提案権行使とその後の行動
第Ⅵ章 評議員会の運営
 Ⅵ-1 評議員会の準備
 Ⅵ-2 シナリオ作成の要否
 Ⅵ-3 評議員会の進行
 Ⅵ-4 評議員提案があった場合の準備
 Ⅵ-5 事前質問への対応
 Ⅵ-6 書面による議決権行使
 Ⅵ-7 代理人による議決権行使
 Ⅵ-8 評議員会の議長
 Ⅵ-9 議長の権限
 Ⅵ-10 議場におけるテープレコーダの使用
 Ⅵ-11 特別利害関係人と議長
 Ⅵ-12 評議員会の可決要件
第Ⅶ章 説明義務・動議
 Ⅶ-1 理事・監事の評議員会出席義務
 Ⅶ-2 説明を拒否できる場合
 Ⅶ-3 事前質問が多い場合と説明義務
Ⅶ-4 動議の取扱い
 Ⅶ-5 議長不信任の動議
 Ⅶ-6 新たな目的事項を追加する動議
 Ⅶ-7 修正議案に関する動議
第Ⅷ章 評議員会終了後の手続等
 Ⅷ-1 評議員会議事録の作成
 Ⅷ-2 評議員会議事録作成の時期
 Ⅷ-3 評議員会議事録の記載事項
 Ⅷ-4 評議員会議事録の記載例
 Ⅷ-5 評議員会議事録の公開
 Ⅷ-6 議案反対者の議事録への記載
 Ⅷ-7 役員の就任承諾
 Ⅷ-8 書面による評議員会決議の取扱い
 Ⅷ-9 評議員会後の理事会
 Ⅷ-10 定款変更後の対応
 Ⅷ-11 主たる事務所移転決議後の対応
 Ⅷ-12 決算公告
 Ⅷ-13 備置き書類等
 Ⅷ-14 行政庁への提出書類
 Ⅷ-15 評議員会結果の報告
 Ⅷ-16 行政庁の変更
 Ⅷ-17 評議員会決議に関する訴訟