『公益・一般法人』最新号目次

 2018年7月15日号 


icon_treatise
論壇

公益法人の合併について考える

江田 寛(公認会計士・税理士)
 平成30年1月、北海道帯広市を所在地とする「公益財団法人とかち財団」が、横浜市を所在地とする「公益財団法人起業家支援財団」を吸収合併する旨が地元新聞に掲載された。横浜に住む筆者としてはいささかの驚きを感じながらも記事の内容に興味を覚えた。……

icon_news
NEWS

内閣府、平成29年研究報告へのパブコメでFAQ等を改正へ!!

 6 月27日、内閣府公益認定等委員会に設置されている「公益法人の会計に関する研究会」(座長:髙山昌茂氏)は4 月24日から5月23日までの間パブリック・コメントに付していた「平成29年度公益法人の会計に関する諸課題の検討結果について」(以下、「研究報告」)及び「公益法人会計基準の運用指針の一部改正」(詳細は本誌5月15日号参照)に寄せられた意見と当局の考え方を公表した。……

公益法人会計検定試験2級の第1回試験日が確定!!

 7 月15日、公益法人会計検定試験委員会(委員長:藤井秀樹京都大学大学院教授)は事務局を通じて同検定試験2 級の試験日が来年1 月26日(土)に確定したことを公表した。……

icon_report
特集

立入検査官はココを視る!!〜立入検査官は『一般法人法充足状況』のココを視る!!

星さとる(全国公益法人協会客員研究員)
法人法上のミスによる背筋が凍る話
 決議省略の方法による「みなし決議」に関する評議員からの同意書が1人分足りないと検査官に指摘された―筆者が立ち会った立入検査でのトラブルの一例である。
 本稿では、認定法に基づく定期の立入検査を受けるに当たって、法人法に関して(注1)法人側が気をつけるべき点をご紹介するものであるが、……

立入検査官はココを視る!!〜立入検査官は『認定基準充足状況等』のココを視る!!

居関剛一(公認会計士・税理士)
はじめに
 特例民法法人から公益法人への移行認定が済んだばかりの頃、多くの公益法人実務担当者は「次は立入検査だ…」と、立入検査についてかなり心配していたように見受けられた。
 しかし、移行認定の処分件数が最も多かった平成23年度から既に6年が経過した現在、移行認定が早かった法人へは既に2巡目の立入検査が行われており、公益法人実務担当者も立入検査を2回も経験すれば、若干慣れてくるのではないだろうか。……

立入検査官はココを視る!!〜立入監督官は『労働基準法の遵守状況』のココを視る!!

石井妙子(弁護士)
Ⅰ 労働基準監督官の立入調査
 労働基準法その他関連法規による規制の実効性を確保するために、全国に都道府県労働局が置かれ、さらに各都道府県管内に労働基準監督署(以下、「労基署」という。)が置かれている。これら監督機関には、労働基準監督官(以下「監督官」という。)及び必要な職員が配置されている(労基法97条)。……

icon_regular
連載

其之十 弱小球団ほど愛しい!!

古市雄一朗(大原大学院大学准教授)
野球を愛する心を忘れるな!!
 突然だが筆者は、プロ野球のヤクルトスワローズのファンである。プロ野球に興味の無い方に説明しておくとヤクルトは、超がつくほどの弱小球団である。どれほど弱小かというとプロ野球は1 シーズンに143試合行われるが、2017年はそのうち96敗もしている。2つの引分があり45勝しかしていないので勝率は31.4%という事になる。……

宵越しのゼイはもたねえ。
シーン22 永遠の臨時措置

上松公雄(税理士)
原作は現在絶版です
 初めてレイトショーで観た映画は、『小説吉田学校』(監督:森谷司郎、1983年)。当時、高校2 年生(16歳)、父親と一緒に楽天地での鑑賞でありました(注1 )。
 『小説吉田学校』には、文字どおり、政治評論家の戸川猪佐武(注2 )の筆による原作小説があります。……

戦略人事21プロジェクト 労務管理なんでも相談
採用におけるホームページやブログなどの活用

土屋正憲(中小企業診断士)
 中小法人で知名度も低いため、採用活動で思ったような成果が上がりません。何か効果的な方法があれば教えてください。
 景気回復と少子高齢化が進展するなか、採用活動は厳しい状況が続いています。 このような状況下、採用活動を考慮したホームページやブログなどで効果をあげている中小法人の取組みを紹介したいと思います。……

会計相談室質疑応答事例紹介
特定費用準備資金の留意点

内野恵美(公認会計士・税理士)
【質問】当法人(一般社団法人)は、新技術の普及・啓発を目的として2年前に設立されました。これまで常勤の理事や職員はおらず、事務スペースも間借りして、年2回のシンポジウムと社員相互の交流も兼ねた社員総会の開催で精一杯でしたが、次年度からようやく事業活動を本格化する目処がたち、事務所も移転し、事務局長と事務担当の常勤職員を採用したところです。……

新連載/社団・財団法人のためのネットを駆使したスマート法人運営
第1回:法人運営をスマートに

茂木高次(行政書士)
はじめに
 IT化・国際化の進んだ現在では、日常生活やビジネスの世界のいたるところで、従来の書面(紙文書)によるやりとりから、ネット(Web)・電子メール等によるやりとりが一般化してきている。また、全員が一堂に会する従来の会議のほかに、遠方に所在する等の理由により現に会議の開催場所に赴くことができない者が当該会議に参加するための方策として、テレビ会議や電話会議の方法による会議も多くなっている。……

新刊案内
『地方創生への挑戦』

 本書は、熊本県立大学が平成26年に『文部科学省:地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)』に採択され、このCOC(Center Of Community)事業のなかで、熊本県立大学総合管理学部のCOC事業プロジェクトの各メンバーが、熊本県庁、熊本市都市政策研究所、地域総合経済研究所、市町村等との共同研究を通して取り組んだ調査研究の成果を纏めている。……