『公益・一般法人』最新号目次(2022年5月1日号)

2022年5月1日号


icon_treatise
icon_news
NEWS

行政庁への申請の様式が変更
旧式ファイルは受付停止へ

 公益法人が行政庁に申請・届出を行う際の様式が 4月1日から一部変更された。申請・届出は内閣府が運営する公益法人informationという電子申請サイトから行うこととされているが新しい様式は、そのサイトにログインして入手することができる。……


内閣府会計研究会、
会計基準改正を継続検討へ

 令和4年3月28日、内閣府公益認定等委員会の「公益法人の会計に関する研究会」は、「令和3年度公益法人の会計に関する諸課題の検討状況について」と題する報告書を公表した。本報告は公益法人会計基準の実務上の課題について、毎年度公表されているものである。今回の報告は、前年度から継続して検討されていた正味財産増減計算書を「活動計算書」へと変更する改正について、法人担当者や会計士協会といった関係者にヒアリングを実施した結果をとりまとめたものとなっている。……

FAQ改正、別表Hの解説を追記

 3月30日、内閣府公益認定等委員会事務局は「公益法人制度等に関するよくある質問(FAQ)」を追加・修正した。
 追加されたFAQは6つ(問VI-6-1~6)、修正されたFAQ(問VI-4-8、9)は形式的な修正であった。追加された内容は、令和3年6月に別表Hが変更されたことに伴う「定期提出書類の手引き公益法人編」の改訂を補完する内容である。以下に追加項目の全文を掲載する……

雇用保険法が改正
保険料率が2段階で引上げ

 新型コロナウイルス関連の助成金等を支給したことによる保険財政立て直しを目的に、雇用保険料率の引上げを含む雇用保険法改正が衆参両院で本年3月30日に可決、成立した。雇用保険は、労使折半の「失業等給付」「育児休業給付」と、事業主だけが負担する「雇用保険二事業」(雇用安定事業・能力開発事業)があり、本年 4月1日から事業主負担が0.6%から0.05%増の0.65%となる。……

稼げる博物館への転換か?
-法改正で既存施設も登録し直しへ-

 改正博物館法が4月8日、衆参両院での可決を経て成立した。新たに文化観光への取組みを義務化するなど、博物館の在り方を変えるものとなっており、 地方公共団体や公益・一般法人に限定されていた要件が、法人類型に関わらず認められるようになった。既存の博物館においても、令和5年4月1日施行後5年以内に新制度での再登録が必要となる。……
icon_feature
【特集】理事・評議員・代議員の 正しい選任

 5月は社団・財団法人の事務局担当者にとって、社員総会・評議員会や理事会の開催に向け、非常に忙しい時期です。これらの機関を構成している評議員や理事、そして代議員制を採用している社団法人の代議員には、細心の注意を払いながら対応しているのではないでしょうか。……

理事候補者の選出方法とその基準

渋谷幸夫(全国公益法人協会特別顧問)
 理事が途中で辞任したとき、あるいは任期満了で退いた場合、補充の方法や選考の手続きはどうしたらいいのだろう。理事に適さない候補者とは、どういうケースなのか。理事候補の選出方法や基準について、注意すべき事項とあわせて解説する。……

評議員選定委員会の機能と運用実務

熊谷則一(弁護士)
 財団法人と社団法人にはそれぞれ意思決定機関として評議員会と社員総会が設置されている。本稿では両者の違いに触れつつ、特に財団法人における評議員の選定や委員会の運営実務について解説する。……

代議員制の仕組みと留意点

大野憲太郎(弁護士)
 社員数の多い公益・一般社団法人の中には、社員総会の必要賛成数の確保に苦慮し、招集 手続の負担に悩まされている法人もあるだろう。これを解決する方法の一つが代議員制である。本稿では、類似の仕組みとの比較を踏まえ、採用する理由と採用する場合の留意点について解説する。……

icon_article
解説

知っておきたいパートの社会保険適用拡大

横山玲子(社会保険労務士)
 「短時間労働者(以下「パート」という。)が社会保険に入るのは、大きな会社だけ」「パートの適用拡大の改正は知ってるけれど、うちは50人以下だから関係ない」。 ―確かに「関係ない話」かもしれません。……

icon_regular
連載

【非営利組織の経営講座】
第26回 ▼ 第2部 非営利組織のガバナンス(その4)

堀田和宏(近畿大学名誉教授)
 公共プログラムや公共サービスの直接の供給者としての政府の役割が、絶対的かつ相対的に縮小して、「サードパーティ政府」あるいは「間接政府」と称される現象が出現している。そこでは、各種の非営利組織や営利企業などの非政府諸機関、複雑なネットワークなど非政府アクターが多様なメカニズムを通して公共政策を実施している状況が常態化した。……

公益法人・一般法人のIT実務一問一答
「USB」はメモリじゃない!?~ USB のホントのホント~

吉田雷(ライター/モデラー)
「USBで繋いでくれ」と言われましたが、USBはデータを入れるものだと思います。繋ぐとはどのような意味なのでしょうか。USBで充電するとも言いますが…USBとはいったいなんなのでしょうか?……

公益法人税務Q&A

上松公雄(税理士)
【Q】当財団(非営利型法人で収益事業は行っていません。)は、以前に理事をされていたA氏から現金100万円の寄附を受けました。
 A氏には寄附金に関する課税上の特例措置は適用されず、この点について念を押してご意向を確認しましたが、いわゆる「終活」の一環としての寄附であって税金のことは特に問題とされていないとのことでした。……

チャットでわかる事務局To Do
5月のしごと ~決算書の作成と理事会招集

山下雄次(税理士)
 公益法人会計に基づく決算書の作成(会計・税務)…

公益法人・一般法人の監査の視点と実務

東葭新(公認会計士・税理士)
質問  某銀行を早期退職して、一般法人A(3月決算) の事務局長にこの4月に就任いたしました。同時に法人Aは、任意ながら監査法人の会計監査を受けることになり、先週から数名の公認会計士がきて、監査契約受嘱のための予備調査を行っています。……

『公益・一般法人』 編集委員会
新体制のご紹介




実務カレンダー




5月の手続き